平素より クラウド・エヌ をご利用いただき誠にありがとうございます。

クラウド・エヌRDBにおいて、脆弱性対策のためにシステムアップデートを追加しましたのでお知らせいたします。

1. システムアップデートについて
システムアップデート機能は、お客様のDBインスタンスにOSのセキュリティフィックスを適用する機能です。
お客様は、システムアップデートを適用する事で、より安全にクラウド・エヌRDBをご利用いただけます。

2. 解消される脆弱性について
リモートからDoS攻撃の可能性がある脆弱性であるCVE-2017-8890が解消いたします。

3. 提供開始日
2017年7月6日(木)

4. ご利用方法
下記マニュアルにてご確認ください。

http://www.cloudn-service.com/guide/manuals/html/rdb/rsts/ManageDBInstances/ApplyPendingMaintenanceAction.html

5. ご利用にあたってのご注意
・システムアップデートを適用する前に、必ず自動バックアップ機能を有効化してください。
・システムアップデートには、MySQLのセキュリティフィックスを含んでおりません。安全にご利用いただくため、最新マイナーバージョンのMySQLをご利用ください。
・システムアップデートの適用中に、DBインスタンス再起動による数分間のサービス断が発生します。サービス断時間は、長くなる場合があります。
・既にEOLとなっているMySQL5.5をご利用のインスタンスには、本システムアップデートは提供されない場合があります。

今後ともお客様にとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、
引き続きご愛顧下さいますよう、何卒宜しくお願い致します。

掲載日:2017年7月6日