[終了]【12,000円分無料!】Cloudnキャンペーン!12,000円分無料であれもこれも試せちゃいます☆【個人の方でもOK!】

2016年5月23日by Cloud Magazine編集部

Cloud Magazineをご覧の皆さまへ、今期も皆さまが気軽にCloudnをお試しできるキャンペーンを実施します!

9月末まで、期間限定のCloudn12,000円分無料お試しキャンペーンです!
いつでもすぐに始めて、いつでも不要な時に停止できるのがクラウドのいいところですよね。皆さまも是非、まずは無料でお試ししてみてください。企業での本格導入の前に、担当者さま個人でのお試し用途なども大歓迎ですよ。

今回の記事では、Webサーバー用途などCloudnでよくある活用例をご紹介します。
また、キャンペーン対象は『Cloud Magazine読者全員』なので、上記の用途以外でも、開発環境に利用したいお客さま、企業で利用されるアプリを載せてみたいお客さま、検証環境が欲しいお客さま。その他まずはCloudnを体感してみたい!というお客さまも、最大3か月間、12,000円まで無料でご利用が可能です!
本記事に掲載されている専用のキャンペーンコードを新規お申込み時に入力頂くだけでキャンペーンが適用されます。是非ご活用ください!

  • ※ 以下は便利な活用方法の一例であり、お客様が実際に運用した場合の費用を保証するものではありません。ご了承ください。

1. コーポレートページのWebサーバーとして運用!負荷分散・冗長化も実現

従来オンプレミスで運用していた企業ホームページをCloudnに移行!
国内2データセンターで分散する構成にし、DNSサーバーもCloudn DNSを活用!

[利用するメニュー]

  • Compute FLATタイプ(プランv1)×2
  • オフィシャルテンプレート:CentOS(無料)
  • 追加データディスク40GB×2
  • Load Balancing Advanced(LBA)
    (オプション:Sorryページ、SSL証明書
  • DNS
  • ※ SSL証明書は別途お客様にて購入して頂く必要があり、別途費用がかかります

[料金]

Compute FLATタイプ(プランv1) ―CentOS×2 3,400円×2VM= 6,800円
追加データディスク 40GB×2 400円×2台= 800円
Load Balancing Advanced(LBA) LBA基本料金(振り分け先:2台) 1,500円
SSL証明書登録 300円
Sorryページ 200円
DNS (5ホストゾーンまで) 1,000円
  合計 10,600円(税別)

2.PaaSとRDBを活用して、アプリ開発環境とデータベースサーバーをオンデマンド利用!

PaaSでの開発は、

  • サーバーインフラの構築,保守
  • OSの設定,パッチ対応
  • MWの設定,パッチ対応
    (Web公開のためのApache,Tomcatなどや、開発言語としてのJavaやRuby,PHP含む)
  • アプリケーション起動状況(プロセス)の監視

全部まとめて不要です!

[利用するメニュー]

  • Cloudn PaaS
  • Relational Database(RDB)

[料金]

左側の「スモールスタート」の環境を構築した場合

  • ※ 価格は全て税別です。
PaaS インスタンス(メモリ:256MB) 1,000円
RDB vDB1(1vCPU,2GBメモリ) 5,200円
  合計 6,200円(税別)

まずは、今すぐお試ししてみてください!

キャンペーン利用規約