ライブ動画配信サービス「ビデオグ」で、小田原発のグローバルIT企業に成長

2015年9月10日by Cloud Magazine編集部

2005年1月、動画配信サービスの黎明期に神奈川県小田原市に創業し、その後も一貫して動画配信事業を展開しているロジックデザイン株式会社。メインサービスの「ビデオグ」が国内屈指の動画配信プラットフォームに成長し、中国やアジア地域でのグローバル展開を加速させている代表取締役の村田祐一郎氏と、法人事業部長の平田隆氏にお話を伺いました。

まず始めに、御社の事業についてお聞かせください。

村田氏:
弊社は、2005年の創業当時から一貫して動画配信サービスを提供しています。主力の「ビデオグ」というサービスでは、セミナーやビデオオンデマンドなどの動画データをクライアント企業さまから請け負って配信しています。
創業の2005年というのは、まさに動画配信サービスの元年といえます。You Tubeも2005年2月の設立なんですよ。それまで動画配信というと、専用のプレーヤーを立ち上げて表示するというスタイルが中心でしたが、ブラウザ埋め込みでフラッシュ技術を使って見られるようになったのが、この頃です。