クラウド環境でDR対策~Zone分散設定~

2015年5月13日by 阿部英昭

Cloudnの東日本リージョンFLATタイプを利用してZone分散させる為の手順です。
LBAを利用して別Zone(別データセンター)にデータを分散させDR対策としての利用が可能となっています。

1.LBAの作成

LBAを作成します。

2.仮想サーバの作成

FLATタイプのZoneAとZoneBに仮想サーバを作成します。

3.LBAの設定

ZoneAとZoneBに分散させるようにLBAの設定をします。

4.CloudnDNSの作成・設定

CloudnDNSを作成し、LBAと紐付けする設定をします。

導入構成

DCのネットワーク断や地震での電力未供給など有事の際にシステムが短時間の断で切り替わるような構成