Object Storageを簡単に使おう

2016年1月27日by 阿部英昭

CloudnのオプションであるObject Storage上に簡単にフォルダ/ファイルを保存する為のソフトウェアの導入手順となります。

Object StorageはWebブラウザよりアップロード元のファイルを指定してファイルを保存となりますが、今回紹介するツールを使用する事によりドラッグアンドドロップを使い簡単に保存する事ができます。

1.S3 Browserの導入

自分のクライアント端末にS3 Browserのサイトよりexeファイルをダウンロードし、インストールを実施します。

2.S3 Browserの設定

接続する為の情報を設定します。

3.S3 Browserの使い方

S3 Browserを起動し、ファイルをアップロードできる事を確認します。

4.最後に

Object Storageで利用できる他のソフトウェアの紹介をしています。

今回の記事のお勧めの対象者

  • とりあえずファイルサーバが手っ取り早くほしいという方
  • 自分でファイルサーバを立てているが、バックアップや運用が面倒、という方
  • Windows/Macを利用している方