Cloudn上にLet’s Chatを構築する

2016年3月16日by 南條達也
 Copyright(C)2012-2015 Houssam Haidar
Released under the MIT license
https://github.com/sdelements/lets-chat

今回はCloudnのComputeサービスを使ってチャットシステムLet’s Chatを構築します。

Let’s Chatは、オープンソースのチャットシステムで、Node.jsで書かれています。お客様の環境にインストール可能なので外部に情報が漏れる心配をすることなく、Slackのような使い勝手で利用できます。

1. VMの作成

今回は1台のVMにLet’s Chatをインストールします。下記のようなスペックでVMを作成しました。メッセージを十分保存できるように100GBのディスクをアタッチしました。

  • zone: jp-e1b
  • template: Ubuntu Server v14.04 64bit
  • offering: m1.small
  • datadisk: 100GB
  • security groups: セキュリティグループは後で追加ができないので、必ず1件以上選択してください。本検証ではhttpでWebサイトにアクセスするため、Inboundの80を開けましたが、実運用ではhttpsを利用してください。