はじめてアクセスする場合

基本的な設定につきましては各種マニュアル等をご参考いただきますようお願いいたします。

以下、接続における注意点について記載させていただきます。

【Compute FLAT、VPCタイプ ClosedNWの場合】

  • セキュリティグループの設定
    • セキュリティグループの「受信規則」に、外部から通信を許可する設定が必要となります。
    • ※原則、すべての受信を拒否しているため、必要なプロトコル/ポート等を適切に設定ください。
    • ssh の場合の例
      • 受信ルールに対し、TCPポート22, お客様のクライアントのグローバルIPのCIDRを設定(許可)する必要があります
      • 切り分けのために、TCP ポート22, CIDR 0.0.0.0/0を設定して再度お試し下さい
      • それでも接続出来ない場合、”telnet ${お客様仮想サーバーIPアドレス} 22″ でポートに接続できるかをご確認下さい
        • ポート接続可能であった場合にはお客様仮想サーバー内部の設定(パスワードやファイアウォール)を見なおして下さい
    • RDPの場合の例
      • 受信ルールに対し、TCP/UDPポート3389, お客様のクライアントのグローバルIPのCIDRを設定(許可)する必要があります
      • 切り分けのために、TCP/UDPポート3389, CIDR 0.0.0.0/0を設定して再度お試し下さい
      • それでも接続出来ない場合、”telnet ${お客様仮想サーバーIPアドレス} 3389” でポートに接続できるかをご確認下さい
        • ポート接続可能であった場合にはお客様仮想サーバー内部の設定(パスワードやファイアウォール)を見なおして下さい
      • RDPクライアントが最新のバージョンを用いているか、ご確認下さい
    • pingの場合の例
各サービスで利用されるknown port、プロトコルなどはIANAなどのWebでご確認いただけます。
お客様のご利用アプリケーションに合わせて設定いただきますよう、お願い致します。
代表的なサービスのポートについて、下記に示します。

  • HTTP
    • TCP 80
  • HTTPS
    • TCP 443
  • DNS
    • TCP/UDP 53
  • FTP
    • TCP 20, 21
  • MySQL
    • TCP/UDP 3306
  • RDP
    • TCP/UDP 3389
  • HTTP alternate
    • TCP 8080

【Compute VPCタイプ OpenNWの場合】

  • ポート転送、もしくはStatic NATの設定
  • ACLの設定
    • ACLの「受信ルール」に外部から通信を許可する必要があります
    • ※原則、すべての受信を拒否しているため、必要なプロトコル/ポート等を適切に設定ください。
    • ssh の場合の例
      • 受信ルールに対し、TCP(Protocol Number: 6) ポート22, お客様のクライアントのグローバルIPのCIDRを設定(許可)する必要があります
      • 切り分けのために、TCP ポート22, CIDR 0.0.0.0/0を設定して再度お試し下さい
      • それでも接続出来ない場合、”telnet ${お客様仮想サーバーIPアドレス} 22″ でポートに接続できるかをご確認下さい
        • ポート接続可能であった場合にはお客様仮想サーバー内部の設定(パスワードやファイアウォール)を見なおして下さい
    • RDPの場合の例
      • 受信ルールに対し、TCP(Protocol Number: 6)/UDP(Protocol Number: 17)ポート3389, お客様のクライアントのグローバルIPのCIDRを設定(許可)する必要があります
      • 切り分けのために、TCP/UDPポート3389, CIDR 0.0.0.0/0を設定して再度お試し下さい
      • それでも接続出来ない場合、”telnet ${お客様仮想サーバーIPアドレス} 3389” でポートに接続できるかをご確認下さい
        • ポート接続可能であった場合にはお客様仮想サーバー内部の設定(パスワードやファイアウォール)を見なおして下さい
    • pingの場合の例

【共通】

(1)仮想サーバー(OS)上の設定

Windowsオフィシャルテンプレートを使用した場合、OSのファイアウォールが有効になっています。OSのファイアウォールでは、外部からの通信は下記ポートしか許可していません。

  • Windowsの場合: リモートデスクトップ 3389番ポート

必要なポートを許可するように設定変更が必要です。

Windows系の場合は、リモートデスクトップ(3389番ポート)における設定はされておりますが、pingの疎通につきましては、※[0616] 【全Computeタイプ共通】WindowsでICMPを許可(ping応答可能)するをご確認いただきますようお願いいたします。

(2)パスワードの設定

パスワードは正しいものを入力していますか?FLATタイプの場合、セキュリティグループにおいて送信規則を設定していると、初期パスワード、およびパスワードリセットが有効になりません。下記FAQを参考にしてください。

<急にアクセスができなくなった場合>

以下についてご確認いただきますようお願いいたします。

  • サーバの状態をご確認いただきます
    • IPアドレスでの接続は可能であるか(名前解決が異常な可能性があります。お試し下さい。)
    • SSH、またはHTTPのいずれの接続ができないのか
    • pingの疎通はあるか
    • 仮想コンソールでのアクセスは可能であるか
    • サーバ状態はRunningであるか
  • 障害情報の有無の確認
    • ご登録のメールアドレスに障害連絡はあるか、インフォメーションポータルに障害情報の掲載があるか
  • 仮想サーバー動作中のスナップショットを取得中であるか
    • 動作中のスナップショットはサポート対象外となります
    • また、仮想サーバーそのものの動作に影響をおよぼす可能性があります
      • 例として、仮想サーバーの一時的な応答不能仮想サーバーイメージの破損取得したスナップショットイメージの破損、スナップショット機能が利用不能になるなどが有ります
  • VPCの再起動(VPCタイプ OpenNW)

上記以外におきましても、可能な限り問題の切り分けを実施いただきますようお願いいたします。

 

[関連ワード]: つながらない、接続できない、失敗する、FTP、メール、SMTP、POP、受信