ComputeのWindowsテンプレートで作成した仮想サーバについて、
Ping応答を可能にするには、以下の2つが必要となります。

  • Compute上でのICMPプロトコルの許可
  • WindowsファイアウォールでのICMPの許可(全Computeタイプ共通)

 

(1). Compute上でICMPプロトコルの許可

ここでは、東日本Compute FLATタイプを例にガイドしていますが、プロトコルタイプ、ICMPタイプ、ICMPコードは共通です。

詳細は、ご利用のリージョン、Computeタイプに該当するマニュアルをご参照ください。

【東日本Compute FLATタイプの場合】

  1. ①Couldnコンソールのネットワークで「セキュリティグループ」の「Default」を選択します(又は、ご登録のセキュリティグループを選択)
  2. 受信規則に「プロトコルタイプ」▼をクリックして一覧からICMPを選択します。
  3. 「ICMPタイプ」に ”8”、「ICMPコード」に ”0”、CIDRを入力して「追加」ボタンをクリックします。

 

(2). Windows ファイアウォールの設定 

  • 新規で追加
    • ①スタート → 管理ツール → セキュリティが強化された Windows ファイヤーウォール
    • ②受信の規則 → 画面左側のメニューより 「新しい規則」をクリック
    • ③規則の種類で 「カスタム」を選択して 次へ
    • ④「全てのプログラム」を選択して 次へ
    • ⑤プロトコルの種類で▼をクリック、表示された一覧から「ICMPv4」を選択して次へ
    • ⑥許可するIPを絞る場合は、それぞれ該当IPアドレスを入力して次へ
    • ⑦パブリック、プライベート等適応範囲を選択して完了
  • 既存の設定編集
    • ①スタート → 管理ツール → セキュリティが強化された Windows ファイヤーウォール
    • ②受信の規則 →「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 - ICMPv4 受信)」を有効にする
  • IPsecの除外
    • ①「セキュリティが強化された Windows ファイヤーウォール」の画面で左側一番上にある
      「ローカルコンピューターのセキュリティが強化された Windows ファイヤーウォール」アイコンを
      右クリック → プロパティ→ 「IPsecの設定」タブを開きます
    • ②「IPsecの除外」で▼のプルダウンメニューから「はい」を選択、「適用」ボタンをクリックします
Windows上での設定には、上記の方法がございます。それぞれのメリット、デメリットに関する
詳細に関しましては、下記サイトをご参照ください。
  Windows ヘルプ – Windows ファイアウォールの概要