クラウド・エヌの基盤設備における対応状況と、それに伴って
お客様にお願いしたい事項につきましては、下記のお知らせに
情報を掲載させていただいております。

また、本件に関して多くのお客様から寄せられている
お問い合わせについても下記にまとめておりますのでご一読ください。

 

Q:クラウド・エヌの基盤設備でうるう秒対応のメンテナンス実施時に、
  仮想サーバー等の動作に影響はありますか?

A:うるう秒対応に関しては、基盤でのメンテナンス時に
  お客様の仮想サーバーには影響は及びません。

 

Q:クラウド・エヌ基盤の対応が済んでいれば、
  仮想サーバー内のゲストOSでは特に対応は必要ありませんか?

A:上記お知らせにあるとおり、ゲストOS側でも対応を実施いただかないと
  仮想サーバーが高負荷になる等の不具合が発生いたします。
  クラウド・エヌでは、ゲストOSの運用はお客様の責任にて実施いただくことになっており、
  ゲストOS内での対応の要否に関する情報の収集および実施判断は、お客様にてご実施ください。

 

Q:kernelアップデート と ntpアップデート・モード変更 の2通りの
  対策があるようですが両方必要ですか?

A:基本的にはどちらか片方で構いません。
  しかし、動作している仮想サーバーなどの設定やバージョンにより
  異なる場合もありますので、お客様にてご判断ください。