本回答はサポート範囲外の記述を多く含みます。必ず、各設定の意味をお客様ご自身でご理解された上、十分な検討の元お客様の責任において設定の変更を行って下さい。クラウド・エヌ・サポートでは仮想サーバー内部の設定についてサポートを行うことはできません。

IOエラー等、何らかの理由によりディスク(ROOTディスク/DATAディスク)のファイルシステムに不整合があると判断された場合、 ディスクが読み込み専用(read only)となる事象が発生します。 これらは、クラウド上でだけ発生する問題ではなく、Linux上で一般的に発生しうる問題です。

  • (dmesg中のエラーメッセージ例) kernel: Remounting filesystem read-only

 

DATAディスクの場合、ワークアラウンドとして、ディスクをマウントし直すことで解消する場合があります。(下記の場合、DATAディスクの名前が/dev/vdb1であると仮定しています。)

 

また/(ルート)もRead Onlyになってしまっている場合は、以下のコマンドで解消できる可能性があります。

ただし、どちらの場合においても、ファイルシステムとブロックデバイス間において不整合が発生している可能性がありますので、fsckの 実行を推奨致します。

 

(DATAディスクの場合)

以下のコマンドを実行します。

 

(ROOTディスクの場合)

シングルユーザモードで起動しfsckを実行する。 起動できない場合にはISOイメージを用いてResqueモードで起動し、 fsckを実行する。

詳細は下記FAQを参照して下さい。

 

上記の手順で回復しない場合

fsckを対象のファイルシステムに対し実施して下さい。ROOTディスク上の場合には、シングルユーザモードで実施を行って下さい。

また、fsckで時折ファイルシステムを修復するか否かの質問が表示されるのを自動実行する場合には ”-a”, “-y”などを利用することを検討して下さい。