平素よりCloudnをご利用いただき誠にありがとうございます。
BINDの脆弱性(CVE-2015-5477))への対応状況についてお知らせいたします。

2015年7月31日(金)17時30分時点の対応状況は以下の通りです。

  • Cloudnの全サービス: 対応済または脆弱性による影響がないことを確認済み 

今後ともお客様にとってより良いサービスをご提供できるよう努めてまいりますので、引き続きご愛顧下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

今後とも、Cloudnをよろしくお願いいたします。

Computeでお客様が保持されております仮想サーバーに関しましては、オフィシャルテンプレートより生成されたもの、持ち込みISOなどより生成されたものなどに関わらず、お客様のご自身にてご判断をいただくこととなります。詳細 については下記のFAQを参照してください。

Cloudnで行われる脆弱性対策には何が有りますか?またユーザは何をすべきですか?

掲載日:2015年8月3日