このページは、CloudnのComputeでご利用中のディスクをWebARENA IndigoまたはWebARENA SuitePRO V4に移行する際の手順を説明しています。
移行に際して、対象となるディスクのデタッチ(DATAディスクの場合)および仮想サーバの停止をお願いします。

ROOTディスクのダウンロードリンクは、以下の手順で取得してください。

1/ Cloudnコンソールで、移行したいROOTディスクからテンプレートを作成します。
 ①「ストレージ」で対象ディスクの名前をクリック
 ②テンプレート作成アイコンをクリック
 ③任意の名前、説明を入力して「OK」をクリック
 ④「テンプレート」に作成したテンプレートが表示されることを確認

2/ 続いて、作成したテンプレートをダウンロードします。
 ①「テンプレート」で作成したテンプレートをクリック
 ②テンプレートのダウンロードアイコンをクリック
 ③確認メッセージが表示されるので「はい」をクリック
 ④ダウンロードURLが発行されます。
 NTTPC様マニュアル、『4.1.移行ツールを使ったCloudn OS領域の移行-「OSディスクのインポート」(PRO4)』
もしくは『5 「WebARENA Indigo」への移行(データインポート) 』
のディスクダウンロードリンクとしてこのURLをご利用ください。




DATAディスクのダウンロードリンクは、以下の手順で取得してください。
※WebARENA IndigoはROOTディスクのみ移行できます。DATAディスクを移行したい場合はWebARENA SuitePRO V4を選択してください。

1/ Cloudnコンソールで
 ①「アカウント」で名前をクリック
 ②「表示-ユーザ」をクリック
 ③「ユーザ名」をクリック
 「ID」「APIキー」「秘密キー」が表示されますので控えてください。

2/ Cloudnコンソールで
 ①「ストレージ」で対象ディスクの名前をクリック
 対象ディスクの「ID」が表示されますのでこちらも控えて下さい。
 ※移行したいディスクが複数ある場合は、それぞれのディスク「ID」をすべて控えてください。
 ※ディスクの「タイプ」についても合わせてご確認ください。ROOTとDATADISKの2種類があり、
 本手順で移行できるのはDATADISKタイプです。

3/ 以下のURLにアクセスします。
東日本リージョンの場合 https://jp-east-flat-webarena-migration.download.cloudn-service.com/login
西日本リージョンの場合 https://jp-west-flat-webarena-migration.download.cloudn-service.com/login
 ①1/で控えた「ID」「APIキー」「秘密キー」を入力してください。
 ②「Login」をクリック

4/ Volume(Data Disk Migration)画面で、
 対象ディスクのディスク「ID」を入力して「Register」を押してください。
 登録された画面IDが下段に表示されます。
 ※移行したいディスクが複数ある場合は、上記の操作を繰り返し行ってください。

5/ 「START」を押すとURL発行プロセスが開始します。
ステータスがReadyになるとURLが発行されます。
 NTTPC様マニュアル、『4.2.移行ツールを使ったCloudn データディスクの移行-「ストレージのインポート」(PRO4)』のディスクダウンロードリンクとしてこのURLをご利用ください。